D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

“ 目を覚ましていなさい ”

 
“ 目をさましていなさい ”
(マルコによる福音書 13-33)

今日(11月30日)から
教会はアドベント(Advent=待降節・降誕節・降臨節)に入ります。
救い主であるイエス・キリストの誕生を待ち望む、という期間です。

このところ(仕事以外では)ロクにミサにも与っていなかったので
昨晩夕刻に行われたミサに行ってきました(ミサ典礼は今日の主日に準じたものです)

で、読まれた福音書。

(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)
「気をつけて、目を覚ましていなさい。
その時がいつなのか、あなたがたには分からないからである。
それは、ちょうど、家を後に旅に出る人が、僕(しもべ)たちに仕事を割り当てて責任を持たせ、門番には目を覚ましているようにと、言いつけておくようなものだ。
だから、目を覚ましていなさい。
いつ家の主人が帰ってくるのか、夕方か、夜中か、鶏の鳴くころか、明け方か、あなたがたには分からないからである。
主人が突然帰ってきて、あなたがたが眠っているのを見つけるかもしれない。
あなたがたに言うことは、すべての人に言うのだ。
目を覚ましていなさい。」
(マルコ13・33-37)

私はただの “ ヒラ信者 ”。
しかも出来の悪い “ 窓際信者 ” みたいなもんです(笑汗)
聖書について、分かったようなことを申すつもりはございません<(_ _)>
それでも敢えて簡単に解説するなら
イエス様が弟子たちに、世の終わり(終末)に関するお説教をされた、最終部分での言葉です。

要は
「世の終わりがいつ来るかなんて、キミらに分かるわけないよ」と。
だから
「その日がいつ来ても良いように準備しときなはれ」と。


・・・ムリムリ、絶対無理!(笑汗)

準備なんて出来っこないし
そもそも一体、何をどうして良いのやら(><)

今日の晩メシのことは考えられても
明日のお天気は心配できても
「世の終わり」なんて大それたお話、実感が湧きませんよ実際。

でも
だからこそマルティン・ルターの言葉は、私たちの腑に落ちるんですよね。

「たとえ明日世界が滅びるとしても、今日私はりんごの木を植える」


・・・この言葉
一見、イエス様の言葉のアンチテーゼのように思われますが
実は私たちが日々生きていくうえでの指針を、端的に表しているように思います。


「じゃ~待降節なんて必要ないじゃん」


・・・世に数多ある「暦」というのは
“ きっかけ ” の提示なのだと思うんですね。

ここで何度も申しておりますように
「お盆」とか「お彼岸」とか
「死者の月」とか
私たちは様々な暦をきっかけに大切な何かを思い出し、そこに心を向けるのだと思うんです。

だからクリスマスも待降節も
普段は忘れちゃってる「イエス様が私たちを罪から救ってくださるためにお生まれになった」ことを思い出す、感謝する “ きっかけ ” じゃないか、と。


すべての暦や記念日は、思い起こすための “ きっかけ ”。



・・・あ。
今日、か。






[PR]
by dscorp-japan | 2014-11-30 01:31 | キリスト教 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30