D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

カトリック東海教会・葬儀勉強会

 
あいにくの雨模様でしたが
今日は愛知県東海市にあるカトリック東海教会にお邪魔して、信徒の皆様とともにキリスト教葬儀の勉強会でお話をさせていただきました。

これまでにも他の教会で、同様の勉強会でお話をさせていただいてきておりますが
今回は主任神父様のご意向で「教会でお葬式をする意義」に焦点をあてたお話をさせていただいた次第です。
a0153243_15024040.jpg
多くの信徒の方々にご参加いただきました


以下、お話させていただいた概要です。

葬儀式場としての機能という面で比較すれば、葬儀社が保有する葬儀会館が利便性が高いのは事実です。
お葬式の為の専用ホールですから当たり前です。
特に多くの教会が普遍的に抱える駐車場の問題は
葬儀会館であれば、ある程度の駐車台数が確保されているかと思います。

しかし
私はやはり、キリスト教信徒のお葬式は教会で行われるべきだと考えます。
その理由はいくつかあるのですが(講演ではこのあたりもお話しました)
いちばんの理由は「教会は祈りの家である」という基本理念があるということ。
教会には、私たちの祈りが染みついているんです。
礼拝堂(聖堂)の祭壇にも
参列者席にも
柱の一本一本にまでも
通い続けた教会には、私たちの祈りの足跡があるんです。

教会が祈りの家なら
他ならぬお葬式の時にこそ、そこで祈るべきでしょう。

「駐車場が少ない」
「葬儀式場としてのキャパシティ(収容人数)が不足している」

しかしながら実際は
昨今ではお葬式の小規模化が進んでいるわけです。
その実態から申しますなら、これまで以上に教会を利用しやすくなったと言えるのではないでしょうか。

・・・といったお話をさせていただいたわけです。


そしてもうひとつ。
これはどこの教会でも必ず申し上げるのですが
「お葬式は、神の愛を宣べ伝える為のいちばんのチャンスである」ということ。
これをお伝えするのが
キリスト信者である葬儀屋さんとしての、私の使命であります。
つまり
これが私の「信徒使徒職の実践」である、と。


さて。
あとは私の行いが
私が天国に溜めている “ 借金の返済 ”(=罪の償い)になればシメたものなのですが ^^;






[PR]
by dscorp-japan | 2014-11-09 21:41 | 葬儀 | Comments(2)
Commented at 2014-11-10 21:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dscorp-japan at 2014-11-13 02:56
☀******さん。
まァ私のお話なんてのは、神父様の援護射撃でしかないんですけれどネ(^^ゞ
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30