D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

日本人のプライド

 
一昨日から担当させていただいておりましたお葬式
ちゃんと無事に終わりました(牧政さん、お疲れさまでした!)


唯一の親族であるお孫さんと
そのお孫さんの姻族、お孫さんのご友人の参列で、総勢十数名。
でも
参列者全員が本当に故人の死を悼んでいらっしゃるのが分かる、心温まるお葬式でした・・・


こういった
在日外国籍関係のお客様のお葬式に立ち会わせていただくたび、私は思うんです。

(これが逆の立場だったら・・・)って。

たとえば、ですが
私の親が外国に住んでいたとして、その地で親が亡くなったとします。
私は訃報を聞きつけ、その国に行きます。
右も左も分からない異国の地で
肉親のお葬式の段取りをしなければならないのです。
言葉もロクに通じない、異国の葬儀屋さんに
自分の肉親のお葬式を委ねるしかないのです。
役所の手続きだって、さっぱり分かりませんよね。
役所から
「No!」
と言われれば、たとえ納得できなくても
「I see.」
と答えるしかないでしょう。

“ 言いなり ” になる他ないんですよ・・・


だからこそ、です。
私もウチのスタッフも
在日外国籍関係のお客さまからの葬儀依頼の際には、普段以上にサポートしようと心がけます。
お客様がどこの国の方であれ
(日本のサポートはこんなに素晴らしいんだ)
(日本人はこんなにも思いやりがあって優しいんだ)
って思ってもらいたいから。

逆説的にいえば
「日本ってスゴいだろ」
「日本人って素晴らしいだろ!」
って言いたいから。

つまり
「日本人のプライド」なんですよ。


だ・か・ら、
今回のお役所の対応には、非常にガッカリしてるんですよ・・・(><)

もっと親身になってあげること、出来たでしょうに。
たとえ最終的な結論が同じだったとしても、です。


私はお役所の担当者さんに問いたい。

「貴方が逆の立場になったとき、貴方はそれを受け入れるんですか」
って。





[PR]
by dscorp-japan | 2014-05-23 00:57 | 葬儀 | Comments(4)
Commented by クリスティナ at 2014-05-23 20:19 x
ディーズさん、お疲れ様です。
相手の立場になり物事を考える事はとても大切な事ですね。果たして自分はそう出来ているのか…反省するばかりです??
無事にご葬儀を終えられてお孫さんも安堵されていることと思います。。ディーズさん、スタッフの皆さん、牧政さん、本当にお疲れ様でした☆
Commented by 牧政 at 2014-05-24 01:09 x
>唯一の親族であるお孫さんと、・・そのお孫さんの姻族、お孫さんのご   友人<
岡田君、上の件についてはお世話になりました。何かしらまわりまわって小牧の住人に、そして小牧教会に、僕はたまたま教区事務所を早退して帰ってきたところで小牧に住むお孫さんの関係者に関わってしまいました。そこであなたの出番をお願いしただけでしたが、感謝です。お世話になりました。
Commented by dscorp-japan at 2014-05-24 23:38
☀クリスティナさん。
日常生活における諸々のことは、正直ご容赦いただけることも少なくないでしょう。
ただ、お葬式ともなるとそうも言ってられない。
ある意味
「最も相手の立場にならなければならない場面」だと思うんです。
だからこそ
お役所さんには「死亡届」の申請については、親身になっていただけたらなぁと思うわけなんです。
Commented by dscorp-japan at 2014-05-24 23:40
☀牧政さん。
>僕はたまたま教区事務所を早退して帰ってきたところで小牧に住むお孫さんの関係者に関わって
それこそが「神様の御旨」だったのでしょうね。
お疲れさまでした m(_ _)m
・・・今度、夕飯に付き合うとするか(笑汗)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30