D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

正直やりにくかった(笑汗)

 
弊社スタッフお父様のお葬式
何とか無事に終えられたと思っております m(_ _)m


今回お手伝いさせていただいたご家族は
弊社スタッフを含めて家族全員、私とは30年来のお付き合いがあった家です。


・・・しかァ~し!
正直、やりにくかったデスよぉマジで(><)

いや
ご遺族が旧知の仲であるご家族だったからというわけではなくて・・・

今回の遺族代表者(喪主)となったのがウチのスタッフなわけですから
参列者のなかには、葬祭業界の人間が相当いらっしゃったわけですよ。

以前の会社の上司・同僚・部下。
ウチのお取引先の業者様。

そういった “ 業界人 ” の方々からすればですよ?

「どれどれ
ここはひとつオカダの施行を見せてもらおうじゃないか」

・・・みたいな見方をされるわけですよ、当然。


葬儀屋さんが他社施行の葬儀に参列する場合
間違いなく、その葬儀屋さんのやり方とかを目を皿のようにして見るもんなんですよ。
もちろんご遺族に対する弔意をもっての参列が大前提なんですが
その一方で、やはり “ お手並み拝見 ” 的な視点もあるんです、絶対。

(・・・あれ?あそこはこう動くべきなんじゃないの?)
(いやいや、オレだったらあの場面はこうするけどなァ)

特にお通夜では
参列者のなかに、葬儀の施行に非常に厳しい業界の先輩なんかがいらっしゃっていて(大汗)
彼がまた、結構前の席に座られたんですよぉ・・・
お通夜を終えた後に “ ダメ出し ” 食らったらどうしよう?とか思ってましたもん。

まァ実際にはそんなこと無かったのですけれど。

・・・まァね
そうは申しましてもネ
私としては、いつも通りのことしか出来ないわけなんですけどネ・・・



先ほど
喪主を務めたウチのスタッフから御礼のメールが来ました。

どうやら喜んでいただけたようで何よりです。


M君、お疲れ様。
お父様のことはもう神様にお任せするとして
これからは、最愛の伴侶を亡くされたお母様のことをしっかりとケアしてあげてちょうだい。










[PR]
by dscorp-japan | 2014-04-30 23:14 | 葬儀 | Comments(2)
Commented by クリスティナ at 2014-05-01 19:04 x
ディーズさん、スタッフさんのお父様のご葬儀、お疲れ様でした。いつもとは別の緊張感(?!)での中、大変でしたね。
学生時代、教育実習で母校に行った際、担任の先生➕自分の担当教科を指導して下さった先生がまだ残っていて教室の後ろで厳し~い眼が光っている中、授業をした緊張感を思い出しました??あれから20年以上経っている事に今気付き愕然としています(~_~;)
Commented by dscorp-japan at 2014-05-02 18:55
☀クリスティナさん。
・・・教育実習!
懐かしいなァ~(笑)

私は教育実習生だった頃からダメ先生でしたので、常に学校の上司から目をつけられていました(><)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30