D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

キリスト教専門葬儀社の実態

 
またもやはるさんに対するアンサー記事として m(_ _)m


キリスト教専門葬儀社の抱える問題というかジレンマについて
はるさんはかなり正直に書かれていらっしゃいました。

① キリスト教葬儀に特化している為、顧客となり得る絶対的な分母が小さい
② その上で会社を維持する為の資金は確保しなければならない
③ 基本料金を下げたところで顧客が増えるわけではなくが
  かといって料金を上げれば顧客が離れていく可能性を否定できない
④ そもそも一般論として
  キリスト教葬儀は仏式葬儀に比べて高額請求できる要因(≒商品)が少ない
  (これは私見デス)

・・・これらすべて、恒久的な課題なのであります。

一方でメリットが無いわけでもありません。
「キリスト教葬儀に特化している」という点においては
直接的な競合他社が(仏式葬儀と比較して)少ないとも言えます。
いわゆるニッチ産業の生き方です。

「大儲けは出来ないが慎ましく生き長らえる」
これが基本的なスタンス、といえばそう・・・でもこれも簡単ではありませんが(汗)

だから基本、企業体力はそれほどありません。
低空飛行が大前提。
自分で出来ることは自分でやる。
「潤沢な資金にモノをいわせて」なんてのは夢のまた夢(><)


だからはるさんの会社もウチも
基本的に設備投資はほぼゼロです。
ただこれは
私たちの場合は教会という「ハコ」でお仕事をさせていただいている為、いわゆるセレモニーホールのようなハードを保有する必要が無いわけです。

もうひとつ。
はるさんの会社もウチも、広告宣伝費に殆どお金を使っておりません。
甚だ旧態然とした営業方法ではありますが
私たちキリスト教専門葬儀社の宣伝は「実際のお葬式を見ていただく」ことに尽きます。
私たちのお手伝いする葬儀の施行をご覧いただき
(不躾な表現ですが)将来的に顧客となり得る皆様ご自身の目で判断していただく、というスタンスです。



・・・こうした実情を踏まえて
すでにお知らせで申しましたように、先日弊社はほんの少しだけ値上げを敢行いたしました m(_ _)m

はるさんも仰る通り
本来なら、資金的にゆとりのある顧客層からある程度の費用をいただき、そうでないお客様には可能な限りご負担の少ない金額でお手伝いさせていただきたいところなのです。
しかしウチの場合
(これもはるさんならご理解頂けるでしょうが)
安価なプランの価格設定があまりに安価に過ぎた為、仕入原価や人件費等とのバランスが苦しくなってきたというわけです・・・

いや
それでもウチよりもさらに安い葬儀屋さんはいらっしゃいます。
大変な企業努力をされ、そのような価格を打ちだされていらっしゃるのだと思います。
「ウチの企業努力が足りない」と言われれば、そうなのかもしれません m(_ _)m


ただこれだけは言わせて下さい。
キリスト教葬儀に特化する以上
私たちは「キリスト教葬儀なら他社に負けない」という自負だけは持ち合わせているつもりです。
「お葬式のプロ」というより
「キリスト教葬儀のプロ」としての自覚を持ってお手伝いする覚悟があります。

今回弊社が敢行した「2万円の値上げ」。
これを「高い」と判断されるか「それでも安い」と見ていただけるかはお客様の判断にお委ねいたします m(_ _)m








[PR]
by dscorp-japan | 2014-04-10 20:27 | 葬儀 | Comments(2)
Commented by はる at 2014-04-10 22:19 x
またいろいろ相談に乗っていただくと思いますけれど、よろしくご指導くださいm(_ _)m
Commented by dscorp-japan at 2014-04-11 01:40
☀はるさん。
私なんぞがお教えできることなど何もございませんよ m(_ _)m
むしろこちらこそ、いろいろとお教えいただきたいところです。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30