D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

「私の最後の奉仕だから」

 
昨日~今日と
所属教会は違いますが、三十年来お世話になっている方のご主人のお葬式を担当させていただいております。

亡くなられた方の奥様であるHさんは
私が若かりし頃に教会学校のセンセをしていた頃(オレが何を教えてたってんだ?)の
同僚と申しましょうか、やはり畏友と申しましょうか・・・
Hさんご自身は『ケンカ仲間』と仰ってました(笑汗)

私よりもずっと(いや、ちょっとかな)年上なんですけれど
私はHさんのことが大好きなんです。

いつだって明るくて
常に周りに気を遣い、自分のことは後回しにされる方で
感情を高ぶらせることなど、まず拝見したことが無い方なんです。
そのHさんが大切なご主人を亡くされて
もちろん気丈に振る舞っていらっしゃるんですが、やはりお通夜に至るまでの折々ではらはらと涙を流されるんです。

・・・不覚にも、もらい泣きしてしまいました・・・
葬儀屋さん、失格ですね・・・m(_ _)m

御主人との直接的な面識はほぼ無かったのですが
奥様でいらっしゃるHさんの憔悴されたお姿を見るにつけ、その想いが伝わってきてしまったのでしょうか・・・

            ♢

ところで。

一般的にカトリック教会でのお葬式においては
教会所属の信徒の方が「先唱者」として、式の進行を取り仕切きられるんです。
「司会者」とは少々意味合いが異なります。
祈りの先導役とでも申しましょうか・・・

で。
今日の葬儀ミサ・告別式で
亡くなられた方の奥様でいらっしゃるHさんは、この先唱者をされるのです。

生涯の伴侶を亡くされた当のご本人が先唱をされるというのは
たしかにイレギュラーなケースではあります。
正直
(大丈夫かなァ)と思うところでもあります。



しかしHさんは仰ったんです。

「私の、あの人への最後の奉仕だから」



・・・何という、愛と労わりの精神でしょう・・・!

その一言をお聞きして
私はまたもや涙を堪えるのが大変でした。

やっぱHさん、大好きだ!


正直
ここ一週間お葬式の連チャンでクタクタですけど(汗)
目一杯お手伝いしまっせ!

私を指名したことを絶対後悔させちゃならんのです!


神様
どうかオレ様に力を貸して下さい。
普段の悪行三昧の償いはまた今度しますから。多分(汗)







[PR]
by dscorp-japan | 2014-03-15 00:11 | 葬儀 | Comments(6)
Commented at 2014-03-15 00:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by はち at 2014-03-15 01:07 x
ご主人にとっては、この世での最後のミサ。奥様が先唱し、とどけられる祈りは深く愛に満ちたものでしょうね。
読んで私も思わず涙です。。。
Commented by クリスティナ at 2014-03-15 12:27 x
何かに心を動かされて涙する時、その涙は神様からの愛の恵みであると、尊敬するシスターからお話を聞いたことがあります。ディーズさん、葬儀屋さん失格なんかじゃありません。Hさんもその涙にどんなにか心慰められた事だろう…私はそう思います。Hさんの御主人の永遠の休息を心からお祈り致します。そしてディーズさん、お疲れ様でした!
Commented by dscorp-japan at 2014-03-16 15:24
☀******さん。
何とか乗り切れました。
アナタのお知り合いであるKKBさんのご葬儀も、本日無事に終わりましたよ。
Commented by dscorp-japan at 2014-03-16 15:27
☀はちさん。
Hさんの先唱、立派にその役目を果たされました。
本来なら泣き崩れてしまい、先唱など到底無理な状態だったでしょうに
涙を必死に堪えながら祈りの先導役をされるお姿に、大変感銘を受けました。
Commented by dscorp-japan at 2014-03-16 15:29
☀クリスティナさん。
慰めのお言葉を有難うございます m(_ _)m
ただやはり
私ども葬儀屋さんは、あらゆる場面で目立つような言動があってはならないと思っておりますので、現在反省中でございます m(_ _)m
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30