D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

受験の思い出

 
高校や大学の受験も最終局面といったところですよね。
おそらく受験生の皆様は
今が一番ナーバスな時期なのではないでしょうか・・・



私の受験体験なんてのは、もう遠い昔のことです。
私の場合
高校受験はそれほど緊張感がなかったように記憶します。
大してお勉強が出来たわけでもありませんが
私の場合、実技4教科の内申がそこそこだったことが助けとなって(笑)何となく希望する高校に進学できました。
では大学受験はと申しますと
もともと勉強嫌いの私ですので、当然のように一浪しましたよね~
じゃ浪人生時代は勉強したのかというと・・・
一応予備校には行かせてもらってましたが、まァ遊び呆けてました(笑汗)
パチンコだの麻雀だの
思い返してみると、もしかすると大学生時代以上に遊んでいたと思います(><)
(大学生時代はバイトに明け暮れておりましたので)
そんな浪人生でしたから
現役受験のときと比較して学力が向上したなんてことは全くありませんでした。
むしろその逆で
現役時代の方が、高校の授業を(それなりにでも)受けていた分だけマシだったように思います。
ついでに
浪人時代にはじめて「彼女」なんか出来ちゃったりして、勉強そっちのけでデートなんかしちゃったりして(恥)

・・・アホですわ・・・

だから教育学部の美術科に行ったんです。
・・・学力、それほど重視されなかったから(爆)

当初は教育学部の英語科か社会科を志望していたんですが
当時あった『共通一次試験』の成績が思わしくなくて、急遽志望変更したという次第。
しかも共通一次試験の自己採点結果をみてから志望変更したので
受験のための美術集中講習とか、まったく行かずじまい(笑)
地元の南山大学(カトリック系です)には受かったのですが
親から「オマエなんかを私立に行かせるお金は無い!」と言われて
仕方なく(じゃ~国公立の美術科でも受けてみるか~)みたいな安易な考えです。

・・・かように日和見的な選択の人生、であります。

そんなロクでもない人間がガッコのセンセをやっていたという、何と傲慢極まりないことか・・・m(_ _)m

そして
その後の紆余曲折を経て辿りついたのが「葬儀屋さん」という今の職業。

(何やってんだオレはァ)ですよ・・・(><)


じゃ~仮に、ですよ
もう一度学生時代に戻ったらもっと賢い選択が出来たのかと考えると
間違いなくそんなことは無いのであります。
やっぱり同じように遊び呆けただろうし
やっぱり楽な道を選んでは流されて生きていたに違いないのであります。

・・・そんなもんです。

これが私、なんです。

「私」という人間は
何度繰り返そうとも「私」でしかない。

悪いところも良いところも(あるのか?)
全部丸ごとひっくるめて「私」なのです。

これは自分を諦めて申しているのではなくて
少なくとも自分だけは、そういう自分を認めたうえで自分自身と向き合っていこうということ、です・・・

この歳にもなりますと
後悔することさえ億劫になるものなのだということなんですけど(笑汗)




・・・何か思いつくままに書いてたら
支離滅裂なお話で終わっちゃいました・・・ m(_ _)m






[PR]
by dscorp-japan | 2014-03-13 00:00 | あったこと | Comments(8)
Commented by ちか at 2014-03-13 18:16 x
こんばんは。ご無沙汰しています。

D'sさんみたいに、自分をそのままで受け入れているっていいなと思いました。

私はこの歳になっても、なかなか自分をこれでいいと思えなくて劣等感を持ってしまうんですよね。自分のできることも、できないことや苦手なところも全て受け止めて、それでも自分のことを肯定的に捉えることができるようになるといいなと最近思います。自己肯定感の低さが全ての問題の根源なんだろうと。わかっても長年の思考回路を変えるには、また何年もかかりそうです。

いつもいい記事をありがとう。
Commented by クリスティナ at 2014-03-13 19:50 x
ディーズさん、お疲れ様です。
受験の思い出…嫌な思い出しかないなぁ…。
私、人生には「もしあの時~していれば」とか「~を選んでいれば」っていうのは無いと思っています。まぁただ単に今の自分を肯定したいだけなのかもしれませんが…。良いも悪いもあっての『自分』、ディーズさんの仰るとおり、そんな自分を認めて向き合って生きていきたいですよね!そして最期の時が来たら神様にたくさんの「ごめんなさい」を言って「色々あったけど楽しかった~」と叫んで逝くのが夢です♪(きっと無理だと思いますけど)
Commented by とんまるき at 2014-03-13 21:12 x
楽しい時は、ふふふん?? とハミングをしたり 落ちてしまったら もうだめだ 終わりだと感じてしまいます。

それが私なんですよね。
楽しんでられる時はそのように、またそうで無い時はかがんで風が通り過ぎるのをのたうたちまわってやり過ごせと教えていただき楽になりました。

いつのときも、学習(笑)は積極的ではありませんでした。
今は、今の私が少し好きになりました。
Commented by フランシスカ at 2014-03-14 04:28 x
 何事も頑張ることは人生にとっては必要なことですが、とかく、頑張りは心身を硬直させるといいます。 そして、この硬直が持続的かつ常駐的になった時、人生の悲劇が起こりやすくなるとも。硬直したら休ませなくっちゃ。そして、そのための余裕を得るには、人生を楽しんで生きることこ。楽しんで生きるにのも学習ですね(^-^;)
(夜中に地震で目が覚め・・・感じたままに書いてしまいました。どこか寝ぼけてるかも・・・)
Commented by dscorp-japan at 2014-03-15 00:15
☀ちかさん。
お返事が遅くなり申し訳ありません。
お元気そうで何よりです。

>自分をそのままで受け入れている
・・・って、言い換えれば「開き直っている」ってことですよ(笑汗)
自分に自信なんかあるわけもなく
ただもうこの歳になると、あるがままを受け入れるしかないということですよ・・・
でもネ
そう考えると、結構ラクだったりするもんですよ~(笑)
Commented by dscorp-japan at 2014-03-15 00:19
☀クリスティナさん。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

私は
能天気な生き方のお手本って、実は神父様だと思ってるんですよ(神父様には怒られちゃうかもしれませんけど)
良い神父様と言われる方って
その大半が明るくて能天気で、自分の短所も含めて開けっぴろげで・・・(笑)
だって
あの西神父様なんて、その最右翼じゃありませんか(爆)

Commented by dscorp-japan at 2014-03-15 00:26
☀とんまるきさん。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

私は自分のことが好きとまでは申しませんが
(まァ所詮こんなもんでしょ ♪)という能天気さは持ち合わせているつもりです。

せめて自分くらいは自分のこと認めてやらないと
自分が可哀想じゃないですか(笑)
少なくとも
「神様はオレのことを愛してくれてる」らしいんですから
良いんじゃないですかね?開き直ったって(笑)
Commented by dscorp-japan at 2014-03-15 00:31
☀フランシスカさん。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

→「頑張る」
私の、この世でいちばんキライな言葉です(><)
・・・いや
頑張る人を否定するつもりは毛頭ございません。
私は頑張りたくないだけのことです m(_ _)m
常にラク~な道を能天気にフラフラと選んでは
のうのうと生きていけりゃそれに越したこたァねェよ、と ♪

・・・まァ人生そんなに甘かァないらしいですけど(笑汗)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30