D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

灰の水曜日、です

 
「血の日曜日」
とか
「暗黒の月曜日(ブラック・マンデー)」
とかありますが
それらとは関係ありません(笑汗)


今年もやってまいりました、四旬節。
(四旬節に関する詳細はコチラ
聖公会では『大斎節』といい
プロテスタント教会では『受難節』などともいいます。

とにもかくにも
カトリック信徒にとって、今日は大斎・小斎の日。
今日の教会は「完全な断食をせよ」とは言っていないようですが
教会は「節制」を通して日頃の生活を見直し、神様との対話の機会をもつこと(≒回心)を呼びかけているということだと解釈しております。

だから
別に食事の節制をすれば良いってもんでもないのでしょう。
大切なことはその行為自体などではなくて
神様に対する謙虚さを思い出し
小さな犠牲と祈りを通して、神様に向き直るということなのかと。
大斎・小斎は、そのひとつの手段というか指針である、と。


・・・これは毎年申し上げているのですが
普段忙しい日などは、平気で「一日一食」という日を過ごしているんです。
そういう日って全然苦痛じゃなかったりするんです。
ところが。
一旦(今日は大斎・小斎の日じゃ)と意識すると
途端に腹がグゥグゥ鳴りやまないのであります(恥)

あの不可思議な現象は一体何なのでありましょう???


・・・おそらく間違いなく
今年も私は挫折すること請け合いなのであります・・・m(_ _)m






[PR]
by dscorp-japan | 2014-03-05 00:00 | キリスト教 | Comments(2)
Commented by はち at 2014-03-05 23:50 x
昨年の、0時過ぎた瞬間ドカ食い事件を思い出しました 笑
ごミサにあずかってきました。
助祭さまの説教では
回心は、心を回すと書きます。
改めるのではなく、私たちの心を、今もう一度神様へ向き直し、この四旬節のうちにご復活を迎える準備をしましょうと説かれました。
間もなく司祭へ叙階される彼の言葉ひとつひとつが心にしみました。
Commented by dscorp-japan at 2014-03-06 00:11
☀はちさん。
今年は日付が変わることさえ待てませんでした・・・orz
“0時を待って” というのも信仰の本質から逸脱しているとは思うのですが
それさえも出来なかった自分とは一体・・・(涙)

仰る通り
せめてこの四旬節のうちに回心したいものです。
たとえすぐにまた神様から目を逸らすとしても・・・オイオイ
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30