D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『香典供花などの御厚志を辞退される葬儀に、弔電は送って良いのでしょうか?』

 
回答:

香典や供花・供物などをご辞退されるお葬式でも、弔電を送ることは差し支えないでしょう。

解説:

弔電とは、亡くなられた方やご遺族・ご親族に対するお悔やみのお手紙と捉えられます。
ご本人への感謝の気持ちを伝えたり弔意を示すことは
たとえ香典などの御厚志を辞退されるお葬式であっても、お送りすることは問題ないでしょう。

香典や供花などを辞退される場合
ご遺族の気持ちに「葬儀に際して(金銭的)負担をかけたくない」という背景があると考えられます。
そしてその先にあるのは
「ご厚志に対する返礼(香典返しなど)に気を遣いたくない」という意図もあるかもしれません。
よって、ご遺族から「ご厚志は辞退させていただきたい」との申し添えがあれば、基本的にこれを遵守するべきと考えられます。

一方で弔電の場合
一般的に(香典に対する香典返しのように)あらためて返礼の手配をするまでの気遣いは不要と考えられます。
つまり
「弔電を送ったため、後でご遺族に余計な気遣いをさせてしまう」というようなことはまずないといえましょう。


余談ですが
時折、葬儀の開式直前や開式後に弔電が届けられるといったケースがあります。
せっかくのお悔やみのお手紙ですから
可能な限り早急にご手配され、基本的には葬儀前日の通夜(前夜式)には相手に届くようにしたいものです。





[PR]
by dscorp-japan | 2014-01-28 23:35 | 葬儀 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31