D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

年末のお葬式に思うこと

 
・・・なァんか、気が付けば大晦日だったりする(驚)

メチャクチャ忙しいわけじゃないんですけど
それでも何やらドタバタしてるんです・・・(汗)

            ♢

ところで。
昨日のお葬式の現場で、ウチが依頼して派遣されてきた女性スタッフさんとの話。

「年末や年始のお葬式で
(仏式葬儀での)初七日法要とか、その後の会食(精進落とし)をやるべきか?」

地域差もありますが
現在の仏式葬儀では、ご葬儀を終えて故人様が荼毘に付され、拾骨の後に初七日法要を行い、その後遺族・親族を食事の席にお招きする、というのが一般的です。
実質的な意味合いとしては
この食事のを設けることで、葬儀(&初七日法要)に参列して下さった方々へ感謝の意を表すわけです。


その女性スタッフさんですが
今日(つまり大晦日)のお葬式(もちろんウチとは別の葬儀社さんデス)に派遣されるらしく
またそのお葬式が遅い時間(午後3時出棺)とのことで、この話題になったんですね~
そしてそのお葬式は
初七日法要も、その後の食事の席もあるとのことでした・・・

「私たちはお仕事ですから良いんです。
でも正直、お客様たちは大晦日なんて早く帰りたいでしょうに」

大晦日の午後三時出棺のお葬式で、その後に初七日法要&精進落としとなると
精進落としの席がお開きになるのは、おそらく午後の九時近くじゃないでしょうか(><)

・・・もう紅白歌合戦が始まってマス・・・(笑汗)
昔の言い方なら
「レコード大賞も決まっちゃった」ということになります。

私がそのお葬式の担当者なら
出来るだけ早くお帰りいただけるように説明すると思います。
たとえば
初七日法要の読経を葬儀の読経で一緒に終えていただくようにご住職に進言するとか
拾骨後に初七日法要を行うとしても、その後の食事の席は省略するとか。
初七日法要にお残りいただいた方には『御膳料』としてお金を包んでお渡しして、そのままお帰りいただくわけです。

・・・精進落としの食事の席って
必ずもうけなければならないわけでもないと思うんですよね。
先にも申しましたように
その実質的な意味合いが「感謝の意を表す」「お集まりいただいた方を労う」のであれば
特に年末年始のお葬式などでは、出来るだけ早くお帰りいただくように考えた方が良いような気がするんですよね。

立場を逆にして考えてみれば分かると思うんです。
たとえば皆さんが年末押し迫った時期のお葬式に参列したとして
喪主様から「初七日の席を設けておりますのでお願いします」と言われれば、なかなか断りづらいですよね。
でもホンネは
(ホントは早く帰りたいなァ)
(大掃除もお正月の準備も出来ていないんだけどなァ)
といったところじゃないでしょうか・・・


最終的にはそれぞれのお客様がお決めになられることなんですけど
やっぱり年末年始って、それぞれのご家庭でいろいろご予定もありますものね~


・・・ってなことを話していた、というお話でした m(_ _)m

            ♢

さて。
このブログをご覧いただいている皆様へ。

今年一年
こんな下らんブログにお付き合いいただき、感謝申し上げます m(_ _)m
来年が皆様にとって良き一年となりますように。


来年はもっと下らんブログになること請け合いでございます(笑汗)





[PR]
by dscorp-japan | 2013-12-31 01:27 | 葬儀
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30