D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

「夫婦で宗教が違うので、葬儀を2回挙げることはできますか?」

回答:

「葬儀を2回挙げる」というと驚かれる方もあるかもしれませんが
可能かどうかとの問いには「できます」というのがお答えになるかと思います。
但し、まったく同じ意味合いにおいての葬儀を二度、ということではありません。
以下、解説をお読みください。

解説:

たとえば著名人のお葬式を思い起こしてみてください。
まず火葬を伴うお葬式を近親者だけで執り行い、後日あらためて関係者をお招きして「お別れ会」といった形で式を執り行われるケースが見受けられます。
あるいは社葬や団体葬の場合
やはり近親者だけで火葬を伴うお葬式を行い(これを『密葬』といいます)
後日、会社や団体としてのお葬式(これを『本葬』といいます)を行うケースがあります。
葬儀業界ではそれぞれ前者を『遺体葬』、後者を『遺骨葬』と位置付けています。
つまり
前者と後者のいちばんの違いは、前者が亡くなられた方の御遺体を前にして挙げるお葬式であり、後者は火葬後に行われるため遺骨を前にして挙げられるものであります。

「遺体を前にしたお葬式でなければお葬式ではないのではないか」

「遺骨葬」も立派なお葬式です。
地域によっては
葬儀式の前に火葬を済ませて、収骨を終えた御遺骨を前にしてお葬式をするのが慣習となっているところもあるのです。

さて。
ご質問にあるように「夫婦で宗教が異なるため」とのことですね。
ではたとえば、ご夫婦の一方が仏教でもう一方がキリスト教であると想定してみましょう。
まず、当事者(ご家族やご親族)の心情的な部分を鑑みますと
火葬を伴うお葬式(遺体葬)をどちらの宗教で執り行うのか、という点を熟慮される必要があるでしょう。
心情的にはどうしても、遺体葬が “本番” のように感じてしまわれることが少なくないかもしれませんので。
こうした問題を回避するためには、事前にご本人の意思が表明されていることがいちばんでしょう。
ご本人の口頭でもいいのでしょうが
遺言、或いは昨今では「エンディングノート」というツールもありますので、ご本人の意思がご家族に伝わる術を考えておかれた方がいいでしょう。

そしてもうひとつ。
可能であれば、それぞれのお葬式を司っていただく宗教者(僧侶、牧師や神父)に事前にご相談されることをお勧めします。
仏教・キリスト教それぞれのお葬式を終えられた後、いつの日かご本人の御遺骨はお墓や納骨堂に「納骨」されることになるでしょう。
これは経験者でないと分からないことなのですが
たとえば遺体葬をキリスト教で挙げられた後、遺骨葬を仏教で挙げられるとします。
そして仮に、納骨するお墓はお寺の管理する墓地にあったとします。
すると
墓地管理者であるお寺が納骨を受け入れてくれないというケースもあるのです。
実際のところ、こういったケースは稀ではあります。
しかしやはりそのあたりも踏まえて、事前にご相談されておかれるのがベターだということなんですね。

※ 業務連絡
・・・やっぱ800字という文字制限は難しいや、はるさん(汗)





[PR]
by dscorp-japan | 2013-11-21 00:00 | 葬儀 | Comments(4)
Commented by フランシスカ at 2013-11-21 08:55 x
( ̄∇ ̄)ノハーイ先生、以前ちょっとお聞きしましたが、祭司不在で葬儀というのはありですか?
Commented by はる at 2013-11-21 12:41 x
とりあえずそのままアップしておきます。できればいのフェスぐらいまでにできているところだけでも刷っていきたいので、それまでにちょっとずつ短縮していっていただいたら…(;´Д`)
Commented by dscorp-japan at 2013-11-21 22:48
☀フランシスカさん。
・・・私はもう先生ではないのでありますが(笑汗)
一応、簡単にその回答を記事にさせていただきました m(_ _)m
Commented by dscorp-japan at 2013-11-21 22:50
☀はるさん。
文章の添削・校正はお任せしたいところなんですけどぉ~
もしかして私が間違ったことを回答してるかもしれませんしネ(汗)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30