D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

CCFI 葬儀なんでも質問箱に参加・・・


昨日、つい先ほどまで
CCFI メンバーでスカイプを使った定例会に参加させていただいておりました。

・・・まァね
あたしャ殆ど、他のメンバーが意見を交わすのを傍で聞いてるだけなんですけどネ(笑汗)

で、そこで言われてしまいました。

「オカダさんも CCFIサイト上の 『 葬儀質問箱 』 の質問回答をお願いしますよぉ」

CCFI 発起人であり中心人物であるはるさん
ご自身のブログにおいて、定期的にこの取り組みも実践されていらっしゃいます。
私はというと
相変わらず(よくやるよなぁ)と感心しつつも、他人事のように考えておりました・・・ m(_ _)m


しかし「やれ!」とな・・・(汗)

同じくメンバーである松ちゃんさん
結構多くの質問を挙げて下さっていらっしゃることもありますし、もう無視できないところまできてるみたい・・・(><)


ということで。

『教会なんでも質問箱』の質問にお答えいたします m(_ _)m

            ♢

質問

“ 葬儀費用を安く抑えたいのですが、お花を一切飾らないでも式を挙げられますか? ”

回答

まず
「お花を一切飾らないでも式を挙げられますか?」というご質問に対するお答えは「YES」となります。
一切のお花が無くとも、お葬式は出来ます。
たとえそれが近親者のみをお招きする形態の葬儀(≒家族葬・直葬)であっても
友人や知人をお招きする、それなりの規模のお葬式であっても
「お花が無いからお葬式はできない」などということではありません。

ではここで補足説明を。

ご質問にあるように
「葬儀費用を安く抑えたい」という目的の為に「お花を飾らない」という選択をするのは、少々安易な考えかもしれません。
たしかに
(殆どの)宗旨宗派を問わず、お葬式にお花はつきものであるといえましょう。
そして、葬儀屋さんにお花を頼めば、それ相応に費用がかかることも事実です。
しかし
一切のお花を飾らないからといって、葬儀費用が大きく削減できるとも限らないというのが実際のところです。

お分かりの方もあるかもしれませんが
お葬式にかかる費用のなかで、実質的にいちばん経費がかかるのは「人件費」なのです。
葬儀規模の大小や(家族葬や直葬を含めた)お葬式の形態如何にかかわらず
対応する葬儀担当者さんの拘束時間は変わらないわけです。
葬儀規模や葬儀形態の違いで担当者さんの仕事量が大きく変わるわけでもなく
どのようなお葬式でも、基本的に同じプロセスを踏まえて亡くなられた方をお送りするお手伝いをするんです。

もちろん各々の葬儀屋さんの価格設定にもよりますが
そこには必ず、お手伝いする担当者さんの人件費が含まれているんですね。

お花を飾らないお葬式と、飾るお葬式。
もちろんそこに費用の差は出てくることでしょう。
しかし一般的に
お葬式にかかる総額における「花」の費用は、それほど大きい割合を占めるとも限らないと思います。

少なくとも私だったら
花を無くすくらいだったら、他の費目で費用を削ることを考えますよね・・・
棺を安価なものにするとか
霊柩車のランクを下げるとか。


洋の東西を問わず
人は太古の昔から、大切な人を葬る際には花を手向けたものです。
「花を手向ける」
「花で飾る」
という行為は、人間の根源的な「思い」から来るものだと思うんですね。
それは「葬送儀礼における人間の本能」とさえ呼べるものだと思います。


あと、こんな方法もあるにはあります。
外国人のお葬式などで時折お見かけするのですが
当事者である家族は一切お花を用意しないで
参列者それぞれが、花束を持ち寄って棺の周りに手向けられる、というもの。
あれはあれで心がこもっていて良いなァと思いますね♪

・・・仮に私のお葬式であれをやったとしたら
誰も花束を持ってきてくれないかもしれないですけど・・・(涙)
いや
それ以前に、誰も来てくれないという話もある(号泣)


最後に。
それでもどうしても「花は一切飾らない!」という場合
そのようなお葬式プランを引き受けてくれる葬儀屋さんを探す必要があるかもしれません。
葬儀屋さんのなかには
お花屋さんを母体とした葬儀屋さんがいらっしゃったりします。
もしかすると
「お花のご用命のないお葬式はお受けできません」という葬儀屋さんがあるかもしれないので。



・・・えらく文章が長くなっちゃった(汗)
こんなんでどうでしょ、はるさん(笑)








[PR]
by dscorp-japan | 2013-11-20 00:33 | 葬儀 | Comments(2)
Commented by はる at 2013-11-20 13:58 x
さっそくありがとうございます~。昨日ご指摘いただいた構成の参考にさせていただきます。
んで、この回答は大変よく分かるのですが、すみませんが文字数を800字程度(3分の2程度)に縮めていただけませんでしょうか。そこがムズカシイって?…まあ、そうなんですよねぇ…(;´Д`)
Commented by dscorp-japan at 2013-11-20 14:31
☀はるさん。
実はたった今、明日の日付が変わる時点で公開される記事をもうひとつ上げておきました。
仰る通り、字数制限のことは全く念頭に置いておりません(笑汗)
まァ私の場合わけの分からん無駄な文章もはさんでおりますので、そのあたりはバッサリやっちゃってください m(_ _)m
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30