D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

ドライアイスの効能

 
先日私がお手伝いさせていただいたご葬儀は
その日程が、ご本人が亡くなられてからちょうど一週間後ということになったものでした。
亡くなられた方のご子息である遺族代表の方のお仕事の都合で、ということです。

こういったケースの場合にご心配いただくのが
「一週間もの間、御遺体の状態を保つことができるのか」ということ。

結論から申しますと 「まず大丈夫」。
もちろんご遺体の状態にもよります。
難しいケースもあります。
しかし
たとえば病院やご自宅などでご家族が立ち会われている環境で亡くなられたのであれば、ほぼ大丈夫。
もちろんドライアイスによる保冷措置は早ければ早いほど良いので
お医者様の死亡確認が完了したら、早めに葬儀屋さんにご連絡いただくことが肝要です。

ご存じの通り
ドライアイスとは二酸化炭素を固体化したものです。
地球温暖化の一因とされるCo2問題もあり、昨今ではドライアイスに代わる様々な商品もあります。
しかし私の知る限りにおいては
エンバーミングを除けば、ドライアイスに勝る保全措置は無いに等しいというのが実感です。

多くの葬儀屋さんの場合
1回に使用するドライアイスは10~20キロ。
これで(季節にもよりますが)大体約1日、保冷効果が期待できます。
葬儀の日程が延びた場合は、その日数や季節、ご遺体の状況に応じて適宜補充することになります。
もちろん日延べした場合
使用するドライアイスの量は増えるわけですから、その費用はみていただくことになります・・・


私の個人的な予測で申しますと
今後、お葬式の日程を延ばされるケースは増えていくような気がします。
たとえば名古屋エリアで申しますと
火葬場のキャパシティがオーバーするケースが増えてきているようです。

・・・私たち葬儀屋さんにとって
これまでも(おそらく)これからも、ドライアイスは “ 頼みの綱 ” なのであります。
[PR]
by dscorp-japan | 2013-11-15 13:45 | 葬儀 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30