D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

“ まだ終わっていない ”

 
昨日の夜半過ぎ、午前2時過ぎのこと。
私はというと
いつものように、寝床に入って娯楽小説を読み漁る時間を過ごしておりました。

今寝床で読んでいるのは、貫井徳郎さんの 『 慟哭 』。
まだ読み始めではありますが
なかなかに面白そうな予感もありつつ、老眼に鞭打って(笑)読んでいたわけです。

すると・・・
なァんか妙に視界がユラユラするような気がしたんですね。

(あれ~疲れ目かなァ)

一旦本から目を離して、しばし天井を見上げて、目を休めようかと思ったんです。

(・・・おかしい、まだ揺れてる)

私の、ポンコツ三半規管が壊れてるのかと思ったんですが・・・たしかに揺れている。

・・・分かりますでしょうか。
舟に揺られた後
地上に降り立っても、しばらく揺れているような、あの感じ。

・・・この感覚 “ あの日 ” と同じだ・・・!

そう思い立った瞬間
ベッドから飛び起きてテレビを点ける。
と同時に、パソコンを立ち上げる。

福島県沖でマグニチュード7.1の地震発生

やにわに鼓動が早くなりました・・・

壁にかけてある空のハンガーがわずかに、でもたしかに揺れている。
・・・まだ揺れている。

体感的には、3~4分くらい揺れていたような気がします・・・

程なく、各地の震度が発表されました。

『名古屋:震度1』

でもそれは、ただの震度1じゃないんですね・・・

            ♢

東日本大震災の、あの日。
私は幼なじみである、ウチの会社の会計士と一緒におりました。
まるで地面全体が海に浮かんでいるかのような、はじめて体験した揺れ。

「妙な揺れ方だなァ」
「最初は眩暈かと思ったわな」

・・・その後知った、あの光景。
何もできず、ただ茫然とテレビ画面を見るしかなかった・・・

            ♢

大した信仰も持ち合わせていない私ですが
私は自然に思い至ったような気がしました。

( 私たちの神様は 『 まだ終わっていないんだよ 』 と仰っているのではないか。
『 忘れてはいけないよ 』 と告げているんじゃないか )

・・・もちろんこれは私の勝手な解釈ではあります。
神様がどのような意図だったのかは分かりません。

でも
これを神様からの “ サイン ” と受け取ること自体は悪いことじゃないと思います。
ならば
私たちは今回の “ サイン ” を見逃してはいけないのだと。

被災地で生活されている皆さんは
私の感じた一時的な不安などとは比べものにならないくらいの不安と、それこそ毎日背中合わせで暮らしていらっしゃるのだと思います。

もう一度。
もう一度、被災地の皆さんのことを真剣に考えなくてはと思いました・・・ m(_ _)m
[PR]
by dscorp-japan | 2013-10-27 00:41 | あったこと | Comments(2)
Commented by フランシスカ at 2013-10-28 00:27 x
いつもなら震度1でも目が覚めるのに、どうやら爆睡していたみたいです。
起きてたらユラユラと気分の悪い感覚に襲われていたんでしょうね。
あのときも(3.11)大きな地震が来る前にすごーく気分が悪くなり、自分が体調を壊したのかと思いました。
被災地の方が安心して暮らせる日が1日でも早く来ますように。

??慟哭と聞いて思い出しました!
以前読もうと思い買ってほんの数ページしか読んでいなくて・・・何処にいったのかなあ( ̄▽ ̄;)
また、感想聞かせてください。

Commented by dscorp-japan at 2013-10-28 16:14
☀フランシスカさん。
私も眠っていれば気付かなかったと思います。
基本的にはごくわずかな、小さなゆっくりとした揺れだったので。
ただ
それが却って不安を感じるものではありました。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30