D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『夢の途中』或いは『セーラー服と機関銃』

 
音楽ネタといえば音楽ネタなんですが・・・


昨日担当させていただいた葬儀式のなかで
司式者である牧師先生が、講話の導入としてこのようなお話からはじめられたんですね。

「昔流行った曲の歌詞に、このようなものがありました。
“ さよならは別れの言葉じゃなくて
        再び会うまでの遠い約束 ”

キリスト教で言うところの『さよなら』もまた
この歌詞のようなものではないかと思っております・・・」

礼拝堂のいちばん後ろにいた私は思いましたよ。

(おぉ?もしや先生は来生たかおのファンなのか?
いやいや!或いは薬師丸ひろ子のファンか?)

・・・まァどっちのファンでも
或いはそうでなくても良いんですけど(笑)

その曲とは
『夢の途中』であり『セーラー服と機関銃』であります。

来生たかおさん作曲・来生えつこさん作詞。
『夢の途中』が来生さんの歌われる曲で
『セーラー服と機関銃』が薬師丸ひろ子さんの歌われる曲ですね。
ほんの少しだけ歌詞が異なるところがありますが
この曲のAメロで歌われる歌いだしの歌詞は同じであります。

『夢の途中』がこれで

『セーラー服と機関銃』がこれ。


作詞者である来生えつこさんが
どのような思いでこの歌詞を綴られたのかは存じ上げませんが・・・

牧師先生が仰る通り
キリスト教でいうところの “ さよなら ” は、別れの言葉ではないと言えるかもしれません。
別れという言葉の捉え方にもよりますが
キリスト者にとっては、少なくとも “ 永遠の別れ ” は存在しない、ということになりましょうか。

・・・さらに言えば・・・
キリスト教に限らず
大切な人を亡くしたとき、死の向こうにある世界での再会を望むものです。
そこが天国なのか、阿弥陀浄土なのかは分かりません。
しかし結局のところ
私たちは心のどこかで、いつの日かまた会える日がくることを信じたくなるものです。

そう考えますと
“ 再び会えるまでの遠い約束 ” という言い回しは、私たちにとってある種の救いの言葉ではあります。
特に “ 遠い約束 ” というフレーズが
私たちの魂の永遠性を如実に表しているような気がします。

“ いつの日かは分からないけれど
              その日は必ず来る ”

そこに私たちは希望を見出すのでしょう・・・


・・・と、まァこれも勝手な解釈なのかもしれませんけれど・・・
[PR]
by dscorp-japan | 2013-10-15 00:00 | 葬儀 | Comments(2)
Commented by とんまるき at 2013-10-16 08:16 x
今は辛く苦しいことも、夢の途中なのでしょうね。
生きるってしんどいけれど、何かを信じて毎日を過ごせたらな と。
Commented by dscorp-japan at 2013-10-16 18:02
☀とんまるきさん。
「信じる」ところまでいかなくても
「都合のいい時だけ持ちだして、身勝手に頼る」というスタンスで良いんじゃないでしょうか。
かく言う私がそうなんですから(笑)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30