D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

エキュメニズムについて思うこと

 
エキュメニズム
一般的には『エキュメニカル』という単語で言われることの方が多いかと思います。

要は
「キリスト教にもいろんな教派があるけど
すべての教派は(仲違いせずに)一致・結束しましょう」という考え方、ですね。

・・・こういう運動があるということはつまり
逆説的に言えば「キリスト教各教派間での不一致があった(或いはある)」ということなのですが・・・

私自身、エキュメニズムという考え方の詳細についてしっかりとした理解があるわけではありません m(_ _)m
しかし一方で
私は仕事柄、プロテスタント教会にも聖公会の教会にもカトリック教会にもお邪魔します。
私は葬儀屋さんとして伺うわけですから
どちらの教派の教会へ伺う際も、完全にフラットな状態でお邪魔させていただいております。

(この姿勢はキリスト教に限らずどの宗派のお葬式をお手伝いする際も同じであり
それが葬儀屋さんの最低限のモラルであります)

そんななかで、ごく稀にですが感じる(或いは耳にする)ことがあるんです・・・
自身の教派こそが正当であり、他教派に対してはやや批判的な視点で捉えるというニュアンスを。


正直なところ
私は、キリスト教各教派が “ 完全な一致 ” をみることは難しいんじゃないかと思っています。
特にそれぞれの教派の持つ信仰の本質的理念、教義において。

それぞれの教派に(ここだけはどうしても譲れない)という信仰理念があって
そこはやっぱり妥協できないという思いが、たしかにあると思うんです。

プロテスタント諸教会も聖公会も
正教会もカトリックも
お互い(同じイエス・キリストを信じる兄弟姉妹です)と理解しつつも
ホンネのところでは(本当はウチがイチバン正しい)と認識しているのだと思うんです。
熱心に信仰すればするほどに。

・・・私、それはそれで良いと思っているんです。
自分の教派がイチバンと信じることは、その人の自由なのですから。
そこを敢えて曲げる必要などないと思うんですね。

「人は人、自分は自分」というスタンスで良いんじゃないかと。

先に書いた
“ 私たちは同じイエス・キリストを信じる兄弟姉妹です ” という考え方も、もう少し緩く考えていいんじゃないでしょうか。

たとえが良いかどうか分かりませんけど
“ 兄弟姉妹っていうより 「キリスト教」という町内会の仲間 ” とか・・・?(笑)

「あなたと私は全く異なる道を辿っている。
しかし最終的に向かう先は、同じイエス・キリストである」

そういうことで良いんじゃないかと思うわけです。


・・・だから
自分の信じる教派とは別のキリスト教信者のことを批判するのは、ちょっと違うのかなと。

これは以前にも書きましたが
同じキリスト教における教派間の違いって「嗜好の違い」「感性の違い」みたいなものだと思うんです。
誤解を恐れずに言えば
朝ご飯が「お米派」と「パン派」の違いとか
お風呂が「朝風呂派」と「夜派」の違いとか
(以前にも例えましたが)
好きな音楽が「演歌」なのか「歌謡曲」なのか「ロック」なのかとか・・・
その程度に緩~考えちゃって良いんじゃないかと思うんです。

自分が朝ご飯は「お米派」だからといって
他の人が「パン派」だからと、ことさらに批判までする必要などない、ですよね?


もしも今ここに他の教派のことを批判する人がいたとしたら
私はおそらく、こう言うと思います。

「イエス様はそんな了見の狭い方じゃないと思いますよ」って。
[PR]
by dscorp-japan | 2013-09-24 00:17 | キリスト教 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30