D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

“ 代打司祭 ”

 
7月に入ったということで
今日から私を含めたスタッフそれぞれ、お世話になっている教会にご挨拶に伺っております。
いわゆるお中元のご挨拶ですね。

で、私もまた
名古屋市近郊の、とある街にあるカトリック教会へ伺ったんです。
そこの教会の主任司祭は『T神父様』。
お会いできるものと思ってインターフォンを鳴らすと・・・

「はぁ~い、もしもし?」

・・・んん?
T神父様の声じゃない。
っていうか、私の所属するカトリック布池教会のY神父様の声にそっくり・・・

「あれ?もしかしてY神父様?」

「あれ~?もしかしてオカダ君?」

きけば
先日からT神父様は一週間の出張ということで “ 代打 ” としてY神父様がお留守番されているのだとのことでした。

「実はネ
今朝方ここの信者さんのお葬式が入って、近くのセレモニーホールでやるそうなんだけど
ボクがうっかりしていて、祭服やなんかを持ってきてないんだよ。
・・・申し訳ないけどさァオカダ君、布池教会まで乗せてってくれない?」

ということで、お中元のご挨拶回りは中断(笑)
Y神父様を乗せて、ついでの用事があるという銀行へ行ったりしつつ、布池教会へ。

お送りする車中では、明日~明後日の日程で行われるお葬式に関する話をしてました。
カトリック教会のお葬式である以上
場所が変われど、基本的にやることは全く変わらないんです。
しかし “ 代打司祭 ” であるY神父様にしてみれば
ご自分が赴任したことのない教会でのお葬式、ましてやそれがセレモニーホールでのお葬式ともなると、やはり不安になるお気持ちはよく分かります。

「オカダ君のところにお願いするお葬式じゃないから心苦しいんだけど
ここの教会の信者さんたちのサポートってどんな感じなの?」

実はその教会信徒の皆様
お葬式があった際のお手伝いの体制が非常にしっかりしていて、私たち葬儀屋さんから見ても頭が下がるほどの盤石なサポートなんです。
そりゃもう、信者さんたちで葬儀屋さんが出来るんじゃないの?ってくらいのレベル。

「ホントぉ?
そりゃ安心だァ ♪」


・・・少々残念なことに
キリスト教葬儀のノウハウが充分でない葬儀屋さんが無いわけじゃありません。
せめて、分からないなら分からないなりに牧師や神父に訊けばいいんですが
分からないまま(こんな感じだろう)という憶測で話を進めてしまう葬儀屋さんが、今なお居ないわけじゃないそうなんですね。
そういう問題をクリアする為もあってか
そこの教会の信者さんたちは、キリスト教のお葬式についてしっかりとお勉強されてるんです・・・


大丈夫、Y神父様。
信者さんたちがしっかりサポートして下さるから ♪
それでも不安なときは、私に電話してくださいな m(_ _)m
[PR]
by dscorp-japan | 2013-07-02 18:06 | 葬儀 | Comments(2)
Commented by フランシスカ at 2013-07-03 00:39 x
Y神父、助かりましたね。
しかし、祭服持っていかなかったなんて(^_^;)
聖霊の助けですね。
Commented by dscorp-japan at 2013-07-04 14:34
☀フランシスカさん。
私はY神父様が大好きですので、すべて許せちゃいますよ ♪
私が彼の助けになれたことを光栄に思います。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30