D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

要らぬお節介をしてしまった(汗)

 
つい先ほど
先日お手伝いさせていただいたご葬儀のお客様(過去記事参照)のお宅へお邪魔して参りました。
会葬者にお渡しするお品物(いわゆる供養品とか粗供養と申します)の追加ご依頼があり、お届けに上がった次第です。

こちらのご家族様とはもう、家族ぐるみのお付き合い(但し私は独り身ですが)をさせていただいておりまして
亡くなられたお婆ちゃまはもちろんのこと、娘さんご夫妻、お孫さん、更には曾孫さんもよく存じております。


先ほどご自宅へお邪魔いたしましたら、たまたま学校帰りの曾孫さんとも会うことが出来たんですね ♪
彼らが小学校低学年の頃から一緒に遊んでたんですが
知らないうちに二人とも中学生になってて、しかもお姉さんの方は来年が高校受験とのこと(驚)

・・・早いなァ・・・(><)

さて。
受験生であるお姉さんのお話。
彼女は小さい頃から、本当に絵が上手いんです。
これはベンチャラじゃなくって
(オマエ本当に小学生か?)と思うくらいに絵が上手。
だから私
あの頃からしきりに「オマエは絶対絵をやるべきだ!」と言い聞かせていたんですね(元美術教師のお節介!)

で、あらためて彼女に聞いたんです。
「オマエ、ちゃんとオレの言いつけを守って絵を描いてるか」って(←大きなお世話!)
そしたら彼女、ちゃんと美術部に所属していて、今も絵が大好きだとのこと ♪

・・・私の身勝手だけど、やっぱ嬉しいもんですよ・・・

さらに聞けば
高校受験にあたって、普通科を選択するか美術専門過程の高校に進むかを迷ってるそうなんです。
(名古屋には公立高校で美術専門課程の学校があるんです)

・・・ぉおお~!?
マジかぁ ♪

そんなの聞けばですよ
話はやにわに、彼女の進路指導相談へと早変わりですよ(笑)

どうやら学校の先生からは
「高校進学の時点で美術を選択しなくても、高校は普通科で勉強しながら、大学進学の時点で考えても遅くないのでは?」というアドバイスをもらっているそうです。

・・・彼女、何気に全教科の成績も良かったりするんです・・・(やるなぁ ♪)

・・・たしかに妥当なアドバイスですよね。
少なくとも
学校の先生の立場で、後先を考えずに「オマエは美術科へ行け!」などと軽々にアドバイスすることは、やや無責任な結果を招く危険性もあります。
彼女には無限の可能性があって
様々な可能性の扉を、今の時点で限定してしまうのも惜しい気もします。

ただ彼女曰く
「絵を描くことは絶対にやめたくない!」とのこと。
まだ触ったことのない油彩絵具やアクリル絵の具を使ったり
コンテや木炭を使ったデッサンもやりたいのだそうな・・・

・・・そうかそうか ♪
悩ましいだろうけれど、オジサンは嬉しいぞォ~


で、実は非常にラッキーなことに
ちょうど今彼女の通っている中学校に、件の美術過程の高校を卒業した教育実習生が来ているのだそうです。

・・・これもひとつの出会いであり運命かも・・・?

よって私のアドバイスはこうです。

「オマエさァ
その教育実習の先生に、クドイくらいに色々と聞け!
オマエの人生だからオジサンが決めるもんじゃないけど
後悔しないためにも、出来るだけ情報を集めて、そのうえでしっかり考えろ!」



彼女と約束しちゃいました(笑)

普通科へ行こうと美術科へ行こうと
彼女が高校進学した暁には、油彩絵具の道具一式を合格祝いにプレゼントするって ♪


・・・オジサン、今から貯金しなきゃなァ~(嬉)
[PR]
by dscorp-japan | 2013-06-07 19:55 | あったこと | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30