D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

復活の続唱

 
この四月より私の所属するカトリック布池教会へ主任司祭として赴任されたH神父様は
みのるん神父様もりもり神父様とならんで、私が学生時代からの長いお付き合いをさせていただいております ♪
このお三方はそれぞれ
その昔布池教会で、助任神父として私たちと関わりを持っていただいたのでした。

お互いに若かったあの頃は、いろいろと遊んでもらったものですよ(笑)
ていうか
少しでもヒマがあれば遊び呆けていたような・・・(汗)

そういうお付き合いのあったH神父様が、このたび主任司祭として舞い戻ってこられたわけです。
・・・ “ 出戻り ” とも言うか・・・(笑)



一昨日から昨日にかけて、H神父様の司式による葬儀ミサが執り行われました。
久々のH神父様司式による葬儀ミサ。
この神父様の個性というか特長は、聖歌を大切にすること。
H神父様が聖歌を好きなことは、昔からよく知っています。
またご自身も聖歌を歌うのがお上手であります。

そして
葬儀ミサにおけるH神父様の拘りというか決まり事として
アレルヤ唱を歌う代わりに 『 復活の続唱 』が歌われるんですね。

典礼聖歌351番。
高田三郎先生の作曲。

・・・私、個人的にこの歌が大好きなんです。
まずメロディが、いかにも「主の復活」を表現されていると思います。
そしてその歌詞もまた、希望に満ちたものです。

  (先唱)
 キリストを信じるすべての者よ

 (会衆)
 主の過越をたたえよう
 こひつじは ひつじをあがない
 罪のないキリストは 罪の世に 神のゆるしをもたらされた
 死といのちとの たたかいで 死を身に受けたいのちの主は
 いまや生きて治められる
 マリアよ わたしたちに告げよ あなたが道で見た事を
 開かれたキリストの墓 よみがえられた主の栄光
 あかしする神の使いと 残された主の衣服を
 私の希望 キリストは復活し ガリレアに行き待っておられる
 ともにたたえ告げ知らせよう 主キリストは復活された
 勝利の王キリストよ いつくしみをわたしたちに
 アーメン アレルヤ





キリスト教は「愛の宗教」といわれます。
そしてまた「復活の宗教」であるともいわれます。

キリスト教にとって「死」は敗北ではありません。
あたらしい永遠の命への門であると捉えられております。
であるとするなら
葬儀においてこの歌が歌われることは、非常に意味のあることだと思うんですね。

亡くなられた方の魂は
キリストによって死に打ち勝ち
キリストによって永遠の命を受け
今や天の国で安らかに憩わんことを信じるのです。

そして私たちは
悲しみのなかにも希望を見出すのであります。
[PR]
by dscorp-japan | 2013-05-08 01:13 | キリスト教 | Comments(4)
Commented by フランシスカ at 2013-05-08 02:25 x
土曜日の夕ミサも歌うようになりましたね。
しかもアカペラ♪
早々にH神父様よりご指導を受けました。
『ブレスが早いよ。アレルヤ〜アレル〜ヤ〜アレ〜〜ル〜ヤ〜〜〜〜♫ってここまでのばすんだよ』と
そう言われても肺活量が……
その前に音痴だし(~_~;)
歌ミサも好きですが、静かーなミサもいいな〜。
Commented by はち at 2013-05-08 10:46 x
いいですねー!!
私も葬儀で続唱歌いたいんです。
イエス様が、私は復活であり命であるとおっしゃったそのものを現しているように思います。
まぁでも…お堅い(笑)長崎ではなかなか実践できないところであります(笑)
Commented by dscorp-japan at 2013-05-09 22:05
☀フランシスカさん。
正直言えば、私も土曜の夕ミサが「歌無し」だから行っていたんですけどね(笑汗)
まァH神父様は聖歌好きだから想定内でしたけど。
Commented by dscorp-japan at 2013-05-09 22:06
☀はちさん。
へぇ~、長崎では難しいんですかぁ・・・
実はウチのH神父様、長崎出身なんですけどね~
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30