D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

行ってきました 『いの☆フェス関西』

 
・・・ギリギリまで行けるかどうか分からなかったんだけど
新幹線に飛び乗って、何とか顔を出させていただくことが出来ました ♪

a0153243_1473776.jpg

                        会場となった日本基督教団・東梅田教会


現地に着いたときには陽が落ちてました・・・

・・・いや
名古屋を出たのは3時過ぎだったんですよ。
予定としては開場時間である4;30頃に到着するはずだったんです。
ところが私、途中で迷子になっちゃって・・・(恥)
新大阪駅から大阪駅への乗り換えまでは良かったんです。

・・・大阪駅を降りてからですよ、迷子になったのは。
当日は外が寒かったので、出来るだけ地下街を通って最寄りまで行こうとしたのが失敗(><)
地図を頼りに地下街を行こうとするんですが
何と言うか、微妙に五叉路があって(どっちが正しい?)と迷ったり
教会HPの案内にあった“ (地下街)天井の電飾が青色の道 ” ってのが見つからなかったり
太陽が出ているわけじゃないので(当たり前!)方角も分からなかったりで・・・

結局、かなりの時間を右往左往する羽目となりました・・・(恥)

ほんッと、地下街ってダメ!

「じゃとっとと地上に出ろって!」

そうでした・・・ m(_ _)m


・・・それはともかく(笑汗)
何とか会場に辿り着いてみると・・・まァ大盛況でしたよね ♪
正直、今回は会場となる教会のスペースに限りがあったから少々手狭な感も否めないところではありましたが
外の寒さとはうらはらに、会場内は熱気でムンムン!
それまで歩きまわっていたこともあって、会場内で私、ほどなく汗だくになっちゃいました(笑)

盟友:はるさんはご自身の持ちこまれたカードゲームのプレゼンに精を出していらっしゃったので(お疲れ様!)
私は一通り出展ブースを見学。



そのなかにカトリック女子修道会である『女子パウロ会』があったので、ひとしきりお話させていただきました。
『女子パウロ会』は名古屋にもあって
そこのシスター方とは私も面識があったんですね。
(ついでにこのブログに度々コメントを下さるフランシスカさんもその関係者です)

そこにいらっしゃったシスター曰く
「神戸方面では、比較的キリスト教の超教派の動きが活発なんですよ」とのこと。

「何か大きなイベントや取り組みを実行する際
結構当たり前に、カトリックもプロテスタントも一緒になって動いたりするんです」

・・・これはちょっと驚きでした。

「カトリックだけ、プロテスタントだけ、では限界があるでしょ?
より大きなムーブメントを起こそうとするなら、キリスト教全体がひとつになった方が良いですよね」

・・・ホント、当たり前のことなんですが
それを実行に移せるという環境というか、流れが出来上がっているとすれば素晴らしいことです。
まさに『いの☆フェス』に相応しい土壌が出来ている、ということでしょうか・・・


・・・と、感嘆していると・・・

(出来れば)来年あたり、今度は名古屋で『いの☆フェス』開催の計画があるとか・・・!?


名古屋エリアの皆さ~ん!

準備はイイですか~ ♪
[PR]
by dscorp-japan | 2013-02-20 17:00 | キリスト教 | Comments(2)
Commented by フランシスカ at 2013-02-20 22:20 x
お疲れさまでした(^0^)/
(ついでにご紹介にあずかりました者です)
迷子になるなんて・・・( *´艸`)クスクス
私も地下街苦手です。
名古屋も大阪の地下街も苦手です。
地下に入ると東西南北が判らなくなり結局地上に出たほうが早かったりするんですよ(^^;

日本基督教団東梅田教会って大きいですね。
関西初の『いのり☆フェスティバル』、女子パウロ会のシスターたちと「フリースタイルな僧侶たち」のお坊さんたちが並んで出店しているところを片柳神父様がFBに載せてくださったのを見ました。
本当に大盛況だったみたいですね。
お天気も“雪”じゃなくてよかったですね。
名古屋開催の情報が入りましたら教えてくださいm(_ _)m
Commented by dscorp-japan at 2013-02-20 23:41
☀フランシスカさん。
・・・正直
内心(オレ、ちゃんと自分で名古屋へ帰って来られるのか?)と心配になりました(汗)
まァお陰さまで、こうして能天気にお返事が書けてるのでご安心を ♪
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30