D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

ヴァチカン、激震?

 
・・・私、カトリックですけど
こういうキナ臭いお話、大好き!(笑)

            ↓

『<バチカン>カネと権力めぐるスキャンダルで激震』

詳しくは上のリンク記事をご覧いただくとして・・・

記事にもありますが
ヴァチカンには “ 前科 ” がありますからね~
それもかなりスキャンダラスな・・・(汗)


・・・結局ですね
どんな人間も、大金を目の前にするとどうしても “ 悪魔の囁き ” に惑わされてしまうということなんでしょうね~


まァね
こういう事件があったとしても、キリスト教的信仰に何らの迷いが生じるものではないんですけどね(少なくとも私は)。
一ヒラ信者(笑)としては
(まァ~たお偉いさん方何かドタバタやってんなァ)って感じ。

ただですね
ヴァチカンがどれだけお金持ちか知らないけど
そこにある資金って、大元を辿れば世界中の信者さんたちの献金なわけでしょ?
決して裕福ではない信者さんたちだって、自分たちの生活費の一部を削って献金してるわけですよ・・・

お偉いさん方にはこう言いましょう。

「町の教会へ来い!
そして、一般信徒がどんな思いで献金しているのかを肌で感じろ!」
[PR]
by dscorp-japan | 2012-06-04 00:01 | キリスト教 | Comments(6)
Commented by もりもり at 2012-06-04 01:01 x
こんばんわ。
映画 「ゴット ファーザー Ⅲ」 をもう一度見たい。
Commented by dscorp-japan at 2012-06-04 23:33
☀もりもりさん。
私はゴッドファーザーⅠ~ⅢのボックスDVDを持ってるよ~ん ♪
Commented by フランシスカ at 2012-06-04 23:41 x
ヴァチカンとモリモリさんの映画の話で思い出しました。『ローマの休日』ならぬ『ローマ法王の休日』という映画があるそうです。映画の中では次の法王に決定したミシェル・ピッコリ演じるメルヴィルが、プレッシャーに耐え切れず、ヴァチカンからローマへと逃げ出してしまう。ヴァチカンを飛び出したメルヴィルは、ローマの街で、セラピスト、デパートの店員、パン職人、ストリートミュージシャン、舞台俳優など、さまざまな人に出会い、束の間のローマ観光を楽しんで、休息を味わうという変わった映画ですが、今から見てみたいと思っています。(これもスキャンダル?)(^^;

Commented by dscorp-japan at 2012-06-05 00:46
☀フランシスカさん。
その映画って『法王の旅』じゃなかったかしら・・・?
私も今から20年くらい前に観ましたよ~
Commented by フランシスカ at 2012-06-05 19:48 x
私、「法王の旅」は知りませんでした。で、調べてみたら1985年の映画で日本では劇場未公開で、ビデオリリースのみ。新法王に選ばれたばかりのレオ司祭が、手違いで、バチカン法王庁から閉め出されてしまう。彼は身分を隠して庶民の生活を体験しながら旅を続け、貧しい暮らしにあえぐ寒村で、土地の教会の再建に力を尽くすというものですね。「法王の休日」はバチカン法王庁から閉め出されるのではなく法王が逃亡するんです。ちょっと面白そう♪来月公開みたいです。
Commented by dscorp-japan at 2012-06-06 02:59
☀フランシスカさん。
・・・失礼いたしました m(_ _)m
似て非なり、だったんですね。
『法王の休日』・・・興味深い映画ですね~
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30