D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

「ありがとう」をまき散らす方

 
昨日から今日にかけて私がお手伝いさせていただいたご葬儀は
『聖マリアの無原罪教育宣教修道会』の、マドレ・コンセプシオン・グラス・ヴァレロさんをお送りするそれでした。

マドレ・コンセプシオンは
『聖マリアの無原罪教育宣教修道会』からはじめて日本に派遣された三名の会員のひとりでした。
無原罪の聖母の霊性を礎として、女子教育に献身することを目的として、この日本にやってこられた方。
聖マリア幼稚園・初代園長、聖マリア女学院高等学校・初代校長を歴任され
一方で、常に新しい地への宣教に対する意欲を持ち続けられた方とのことでした・・・

今日の葬儀ミサ・告別式のなかで
現アジア管区長でいらっしゃるマドレ・マリア・ルイサ・ロペスさんがお話されました。

「今日ここへ集った私たちは
本当の意味で「おかあさん」を亡くした思いにかられています・・・
(→マドレとはスペイン語で「おかあさん」を意味します)
   (中略)
またマドレ・コンセプシオンは
いつもいつも、周りに “ ありがとうをまき散らす方 ” でした。
どんなに小さなことに対しても、彼女は決して「ありがとう」を忘れませんでした。
さらにその感謝すべき相手の名前も忘れませんでした。
『〇〇さん、ありがとう』
マドレは私たちの、この上ない良きお手本でした・・・
   (中略)
身体を悪くしたマドレに対して、私たちは本国スペインへの帰国を考えたりもしました。
しかし彼女は
『私は宣教地として日本を選んだ。
私はこの地で死にます』
と言われました。
彼女の精神はこの日本の土に還ることになります。
きっとこの先、精神的支えとなって私たちを励ましてくれることでしょう・・・
   (後略)   」



不勉強な私は
故人様がいかに素晴らしい方だったのか、存じ上げませんでした m(_ _)m
このたびのご葬儀を担当させていただくに及んで、あらためて知ることとなった次第です。

マドレ・コンセプシオンがいかに皆さんから慕われていらっしゃった方なのか
お通夜~ご葬儀を通して、ひしひしと感じました。
参列された方々
お歳をめされた方からティーンエイジャーの学生さんまで、どなたもが皆一様に涙に暮れていらっしゃいました。
本当に慕われていらっしゃった方だったことが、よく分かりました。


最後に
マドレ・コンセプシオンのメモリアル・カードに記された言葉をご紹介いたします。


幸福とは受けることではなく
  ささげる心
    ほほえむ心
       思いやる心

[PR]
by dscorp-japan | 2012-03-05 21:46 | キリスト教 | Comments(2)
Commented by フランシスカ at 2012-03-05 23:28 x
本日、私はお葬儀に行きませんでしたが、マドレ・マリア・ルイサ・ロペスの言葉を、今、宣教地インドネシアで頑張っている同じ会のマドレにメールで送ります。きっと彼女の支えとなる言葉になることでしょう。  ありがとうございます。

この雨の中おつかれさまでした。
Commented by dscorp-japan at 2012-03-06 00:14
☀フランシスカさん。
私はマドレ・コンセプシオンの偉大さを存じ上げませんでしたが
本当に多くの方々から慕われていた方だったんですね。
マドレのお葬式をお手伝いさせていただくなかで、私もいろいろとお勉強させていただきました。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30