D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

故人様の指定席

 
怒涛のお仕事ラッシュがひと段落。
ようやく一息つけるかな・・・(笑)

            ♢

今日、私が担当させていただいたご葬儀でのお話。

故人様は94才のおばあちゃま。
とっても熱心なクリスチャン(プロテスタント)でいらっしゃったそうです。
お元気な頃は、毎週の礼拝に欠かさず足を運び
大変深い信仰を持って、神様を賛美されていらっしゃったとのことでした。

「〇〇さん(故人様)はネ
いつも決まって、あの席におかけになっていらしたのよ」

「あの席に〇〇さんがいなくなると
私たち、これから寂しくなります」

故人様の “指定席” は
礼拝堂右側、前から3番目の中央寄りのお席だったそうです。

a0153243_1516483.jpg



牧師先生の説教でもお話がありました。

「〇〇さんはいつも、そこのお席にお掛けになって
私の拙いお話にも、いつも熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
〇〇さんの、半ば指定席だったのです」

90才を過ぎてもなお
毎週、熱心に教会に通っていらっしゃったこと自体、すごいことです。
しかも故人様は
いつも自分の為などではなく、苦しむ人や悩む人の為に祈っていらっしゃったのだそうです。

a0153243_15255181.jpg

                          “指定席” には花束が手向けられていました


大正
昭和
平成と
激動の時代を駆け抜けてこられた故人様は今
天国で安らかに過ごされていることでしょう。

参列者の皆様
一様に泣き笑いのお顔でした。

「寂しいけれど、笑顔で送ろう」

キリスト教葬儀の本質を見たような気がいたしました・・・
[PR]
by dscorp-japan | 2011-05-03 15:33 | 葬儀 | Comments(4)
Commented by もりもり at 2011-05-03 18:28 x
その話はいいですね。僕も葬儀の時の説教で何回かその様な話をしました。その席にいつもいらっしゃる人が今日は居ない、いつもの目線の中に居るはずの人が。
Commented by ルビー at 2011-05-03 22:15 x
そのような人になりたいですね。
Commented by dscorp-japan at 2011-05-04 18:35
☀もりもりさん。
・・・やっぱり、司式者からの目線ってあるんですね~
Commented by dscorp-japan at 2011-05-04 18:37
☀ルビーさん。
故人様はマッサージ師でいらっしゃったそうです。
ご自分よりもずっと若い方々のお身体をほぐし続けることが、至上の喜びだったのだとか。
「人が喜ぶ姿を見て、自分が幸せになる」
私も、そういう人間になれたらなァと思います。
(全然なれていませんけれど・・・)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31