D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『聖香油ミサ』と『主の晩餐の夕べのミサ』

今年はそれなりに
聖週間を真面目に過ごしてみようかな~ということで(照)

「毎年真面目に過ごせ!」

・・・ごもっともです・・・ m(_ _)m

いよいよ今日からの三日間
すなわち『過越しの聖なる三日間』がはじまりました。
第一日目の今日は『聖木曜日』。
午前中に『聖香油ミサ』が行われ
夕刻に『主の晩餐の夕べのミサ』が行われました。

まず『聖香油ミサ』。
これは世界中に点在するカトリック教会の『司教座聖堂(カテドラル)』において
司教の司式によって執り行われるものです。
しかるに
カトリック名古屋教区においては、私の所属するカトリック布池教会がカテドラルですので
カトリック名古屋教区長であるアウグスティノ・野村純一司教様の司式で『聖香油ミサ』が行われました。
このミサのなかで
洗礼や堅信、叙階の秘跡のための聖香油
洗礼志願者の油
病者の油
この3つが聖別されます。
一方で
このミサは、すべての司祭職の為に祈るミサでもあります。
叙階されたすべての神父様方が
その責務を全うすることが出来ますようにと、私たち信徒と共に祈るのです。

「初心に還れ」ということですね。

次に
夕刻に行われた『主の晩餐の夕べのミサ』。
これは、皆さんもご存知の『最後の晩餐』を記念するミサです。
もともと
ミサ自体が『最後の晩餐』を模した典礼であるという性格から考えますと
ある意味、『ミサのなかのミサ』ということもできるのではないでしょうか。

このミサのなかで『洗足式』というのが行われます。



『過越し祭の前のことである。
イエスは、この世から父のもとへ移る御自分のときが来たことを悟り
世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。
夕食のときであった。
既に悪魔は、イスカリオテのシモンの子ユダに、イエスを裏切る考えを抱かせていた。
イエスは、父がすべてを御自分の手にゆだねられたこと
また、御自分が神のもとから来て、神のもとにかえろうとしていることを悟り
食事の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。
それから、たらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふき始められた。
シモン・ペトロのところへ来ると
ペトロは、「主よ、あなたがわたしの足を洗ってくださるのですか」と言った。
イエスは答えて
「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」と言われた。
ペトロが、「わたしの足など、決して洗わないでください」というと
イエスは、「もしわたしがあなたを洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる」と答えられた。
そこでシモン・ペトロが言った。
「主よ、足だけでなく、手も頭も。」
イエスは言われた。
「既に体を洗った者は、全身清いのだから、足だけ洗えばよい。あなたがたは清いのだが、皆が清いわけではない。」
イエスは、御自分を裏切ろうとしている者がだれであるかを知っておられた。
それで、「皆が清いわけではない」と言われたのである。
さて、イエスは、弟子たちの足を洗ってしまうと、上着を着て、再び席に着いて言われた。
「わたしがあなたがたにしたことが分かるか。
あなたがたは、わたしを『先生』とか『主』とか呼ぶ。
そのように言うのは正しい。
わたしはそうである。
ところで、主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから
あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。
わたしがあながたたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである。」

(ヨハネによる福音 13章 1~15節)

(※ 読みやすくするために、改行は私の一存で行っています)

・・・聖書の記述をもとにして
司教様が信徒たちの足を洗う儀式が行われるのです。


ところで。

・・・予告もなしに
私、足を洗われる役に選ばれてしまいました・・・(大汗)

今日一日動き回っていて、きっと私の足はたいそう “芳しい” はずなのに・・・
(司教様、ゴメンね)

ま、それはそれとして・・・

ミサが行われ
聖体拝領が終了すると
祭壇のうえが全て片付けられます。
布池教会の場合、祭壇奥にある聖櫃(御聖体が安置される箱)も空になって
祭壇脇に移動します。

a0153243_23385454.jpg

ご覧の通りです


a0153243_23391922.jpg

聖櫃(御聖体)はマリア様の下に


a0153243_23393820.jpg



移動した御聖体を前にして
私たちは聖体礼拝を行います。

そして明日は
カトリック教会の典礼で一年に一日だけ、ミサの行われない日であります。
すなわち
キリストの受難を記念する日なのであります・・・
[PR]
by dscorp-japan | 2011-04-21 23:45 | キリスト教 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30