D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『枝の主日』

キリスト教最大の祝日である復活祭(イースター)。
今年は来週の日曜日・4月24日がその日にあたります。
ということで
今日からの一週間を『聖週間(受難週)』と呼びます。

イエス様がロバに跨ってエルサレムに入城してから
十字架に架けられ
死に葬られ
三日目に御復活されるまでを、この聖週間で黙想します。

で、今日はその初日。
『シュロの主日』(=プロテスタント諸派)
『枝の主日』『受難の主日』(=カトリック)
などと呼ばれています。

a0153243_0183986.jpg

                             昨日のミサでいただいてきた枝です



今日が
イエス様がエルサレムに入城されたことを記念する日です。
群衆たちは
自分たちの来ていた上着や、葉のついた枝を街道に敷き詰めてイエス様を迎え入れます。

『ホサナ。
主の名によって来られる方に、祝福があるように、イスラエルの王に。』
(ヨハネ12:13 新約聖書・新共同訳)


・・・因みに『ホサナ(ホザンナとも言います)』の意味は
「おお、救い給え!」といったニュアンスだそうです・・・


まさに歓喜をもってイエス様を迎え入れた群衆は
その数日後に、こうも言うのです。

「(イエスを)十字架につけろ!」

・・・群衆とは、私たちそのものなのであります・・・

            ♢

昨日
私の所属するカトリック布池教会の、夕刻のミサに与ってきました。

・・・ミサの始まる前
(恥ずかしながら)久しぶりに『赦しの秘蹟(告解)』を受けてきました。
外国映画なんかでよくある
個室トイレみたいな(笑)小部屋に入って自分の罪を告白するという、あれです。

まァ
私の場合、悪行三昧の日々であります。
いちいち罪を列挙して告白してたら何時間もかかるわけなんですが(汗)
それでも一応
思いつく限りの我が悪行の数々を告白しましたところ
エラいたくさんの償いの祈りを勧められてしもうた・・・(大汗)

・・・はぁ・・・

これが私ですわ・・・
[PR]
by dscorp-japan | 2011-04-17 00:33 | キリスト教 | Comments(2)
Commented by 西先生の教え子 at 2011-04-17 07:28 x
お久しぶりです。
そして…
イースターおめでとうございます(*^▽^)/
というには、これからが聖週間なのでまだ早いですが。。
ゆるしの秘跡もされて、きっと年末大掃除を終えられたようなご心境でしょうか。カトリックの友人たちは、「ゆるしの秘跡は大変なんだよ…」と言いますが、私達のルーテル教会にはそれがないのでかなり羨ましいです。
ちなみに、ルーテル教会でもイースター直前の主日は「枝の主日(受難主日)」といいます。
Commented by dscorp-japan at 2011-04-18 01:53
☀西先生の教え子さん。
御来訪、有り難うございます m(_ _)m

・・・赦しの秘跡、羨ましいですか・・・?
私はもう慣れっこですが(笑)
自分の隠したい罪を告白するって、結構勇気が要るみたいですよ・・・

ただ
声に出して言うことで、自分の罪を自分自身で自覚することが出来る、という効果は期待できると思いますね・・・

line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30