D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

無原罪の聖母の祝日


記事にしようと日付が変わるのを待っていたら
コメントに書かれてしまいました~
「明日は無原罪の聖マリアの祝日です」

・・・先を越されたわい・・・(笑)


『無原罪の聖母』

まずは『原罪』について。

御存知の通り
旧約聖書にある、アダムとイヴが犯したとされる罪に起因するとする考え方です。
アダムとイヴ以降
すべての人間は、生まれながらにして“罪” に傾いてしまう要因を持ち合わせているとされています。
(ここで言う罪とは、キリスト教的解釈のそれです)
たとえば、誰かを妬んでしまう気持ち。
たとえば、自分の利己的な欲望の為に他人を傷つけてしまう言動。

聖母マリアは
人間が持ち合わせているとされる、そうした罪(或いは罪の誘因)の一切を持ち合わせていない唯一の存在である、というのです。

・・・そりゃあネ
キリスト教に対して懐疑的な見方をすれば
「そりゃ~イエスさんのお母ちゃんなんだから、そういう存在ってことにしとかなきゃアカンわな~」
となりますけどね・・・(笑)


・・・とにかく
今日、12月8日は『無原罪の聖母の祝日』なのです。
罪の穢れなく、母親(聖アンナ)の胎に宿ったマリアを記念する日なのです。
カトリック圏の国々の多くでは祝日として扱われ、学校や会社もお休み。

イエスを救い主と捉えるなら
その母であるマリアがいなければ、キリストであるイエスの誕生は無かったわけですから
“神の母” “救い主の母” であるマリアの受胎を祝うのは当然なんですね。

・・・ということは
こう考えることも出来るわけです。

「すべての命は、母の胎内から生まれ出る。
よって、すべての命の源泉である“母” の受胎(=命を授かること)を祝う日である」
・・・と。


ところで、知ってました?

1549年に、フランシスコ・ザビエルが日本に上陸しました。
ザビエルは、上陸した日(8月15日)が聖母被昇天の祝日だったことを受けて
日本という国を、聖母マリアに捧げたというのです。
「捧げた」というのはつまり
聖母マリアの御加護のもとに、日本を置いていただけるように祈った、ということです。

・・・キリスト教的に言えば
日本って、そういう国なんですね・・・
[PR]
by dscorp-japan | 2010-12-08 00:53 | キリスト教 | Comments(5)
Commented by もりもり at 2010-12-08 22:54 x
今日は太平洋戦争が始まった日。ハワイのかの湾に・・・・・
歴史の時間の流れの仲で考えると事実。で?
Commented by dscorp-japan at 2010-12-08 22:59
☀もりもりさん。
・・・ならばついでに(失礼)
12月8日は『成道会(じょうどうえ)』と言って
お釈迦さまが悟りを開いた日、でもあるのですよ~
Commented by もちもり at 2010-12-08 23:03 x
追記、事実と真理は違うので。
Commented by もりもり at 2010-12-08 23:14 x
そうなの?、知りませんでした。
Commented by dscorp-japan at 2010-12-08 23:56
☀もりもりさん。
「事実と真理とは違う」
・・・なかなか深いことを仰いますなァ。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30