D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

アドベント


『アドベント』
つまり
イエス・キリストの降誕を待ち望む機関のことを言いますね。
キリスト教各宗派によって
『待降節(たいこうせつ)』とか
『降臨節(こうりんせつ)』などと呼びます。
今週の日曜日が、この『待降節』の始まりの日、です。

多くの日本人(クリスチャンでない方々)は
クリスマスのことを、いわゆる“一大イベントの日”として捉えていらっしゃいますよね~
いや
それはそれで全然良いんですよ。

ただ
キリスト教を信じる人は皆、クリスマスのことを
「人類の救い主がお生まれになった日」として、とても大切にしているわけなんです。
だから、クリスマスまでの約4週間を『アドベント』の期間として、それぞれが心と生活において、準備をするわけなんですね・・・

まさに
『待ち望む』ための期間、です。

だから
アドベント・カレンダーとか
アドベント・キャンドルとかあるんです。

アドベント・カレンダーは
アドベントの期間が始まった日(今年の場合は11月28日)から、それこそ日めくりカレンダーのように、毎日一枚ずつ、紙で出来た“窓”をめくるものです。
日本的に言えば
   ♪ も~う いィ~くつ寝ェ~るゥ~とォ~
     クゥ~リィ~スゥ~マァ~スゥ~
・・・ということですね(笑)

アドベント・キャンドルは
アドベント期間の毎週日曜日に、ロウソクに一本ずつ火を灯すことで(あと〇週間でクリスマスだァ)という感じ、かな。

とにかく
先にも申しましたように
色々なツールを用いて、主の御降誕の日を待ち望みながら、日々の生活において、今一度“襟を正す” わけなんです・・・

a0153243_18114326.jpg


上の写真は
今週の日曜日、待降節第一主日に行われた、カトリック名古屋教区・教区デーと称したミサの風景です。
私も参列していたのですが
ミサ終了直後にご葬儀のご依頼をいただいたので、早々に退散しました・・・


・・・え?
「それでオマエは主の御降誕の準備をしているのか?」ですって・・・?

私は葬儀屋さんですもの。
お葬式のための準備をしてますよォ。
今日だって
46回目の誕生日を、葬儀担当者として現場で過ごさせていただきましたのでネ・・・(笑)
[PR]
by dscorp-japan | 2010-11-30 18:40 | キリスト教 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30