D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『煉獄』

「れんごく」と読みます。
これはキリスト教、特にカトリック教会でいわれるものです。
その意味は
『死後地獄へ至るほどの罪はないが、すぐに天国に行けるほどにも清くない魂が、その小罪を清めるため赴くとされる場所である』(ウィキペディアより抜粋)
・・・と、まぁそういうことですわ。

現代のカトリック教会において『煉獄』の存在を肯定する考え方は少なくなってきております。
ただ、古くからの信者さんなどは今でも煉獄の存在を信じていて、煉獄にいる魂のために祈る方もいらっしゃいます。

私個人としては『煉獄』の存在を肯定も否定もしません。
だって、行ったことないから知らんもん・・・。

ただ、時折こんな風に考えることがあります。

「今私たちが生きているこの世の中こそが『煉獄』なんじゃないか」って。

この考え方、実は仏教にも相通じるところがあると思いませんか。
「この世は『修行の場』である」という考え方。
ご存知の通り、仏教の多くは『輪廻転生』を信じるわけですが、前世で果たせなかった『お勉強』、やり残した『宿題』を今の世の中でやりなさい、というわけです。

輪廻転生があるのか否かは知りません。
ただ、今私たちが生かされていることの意味を考えるとき、それが『修行』であるとするなら、この世はまさに『煉獄』とは言えませんでしょうか。

だとするなら
どんな宗教の人であれ、私たちは皆今よりもほんの少しだけでも、今生きている意味(或いは生かされている意味)をちゃんと考えるべきなのではないでしょうか。
[PR]
by dscorp-japan | 2010-03-02 23:13 | キリスト教 | Comments(2)
Commented by もりもり at 2010-03-03 01:20 x
 「森有正」が「煉獄」について講話したほんがある。あんたにも一読の価値があると思います。彼はその題材を仏教の考え方と比較しながら話しています。面白い。

 新しい命を病院で生まれた子は両親にとり「さずかった」と言うか「預かった」と言うか分かれ目です。でもその他の事も最近ありますが。

 で自分ではどうしようもない悔やみと謝りに思いの時に「煉獄」の教儀は。

 で、今日は四谷通りにあるお寺の大仏さまを撮影して来ました。HPで見て。終り。
Commented by dscorp-japan at 2010-03-03 01:34
☀もりもりさん。
相変わらず、微妙に怪しげな文章(苦笑)
でもその内容は非常に興味深いものです。
もりもりさんはご存知の通り、私の人生の課題は「贖罪」であります。
その私にとって「煉獄」の解釈が如何なるものなのか、非常に興味があります。
またその本について教えてくださいm(_ _)m
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30